検索エンジンからの場合お手 数ですが、F3キーでページ内検索をお願いします。


index/11月/12月/】


【2006年11月】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

コメントフォーム。
内容確認後に掲載します。記事URLの明記を忘れずに。
[PR]Samurai Sounds

/30

小3〜4にかけてのシンクロニシティ』(シンクロニシティ)

病気入院すると、国語の教科書の、ちょうどこの時期に習う教材にも、入院 してる子供の話。
担任がそれにちなんでアゲハチョウの幼虫入れたかごを持ってきてくれたくらいだ。

同じ頃、義母による最初で最後の甲斐甲斐しい看病の世話になり、過労で入院されてしまった。
そのころに「銀河漂流バイファム」で放映されたのがバーツ事故で危篤、嫌ってた義母が輸血を申し出て助かる、というもの。

翌年、エキセントリックで女々しい主人公によるZガンダムがスタート。
この最終回のエピソードが、2003年に自分に降りかかってくることになる。狂わせようと躍起になる国家諜報工作。マークされるアムロ状態。
またこれが、Zガンダムを教科書に育ってしまった。親不在で独学で育つしかない中、指標が必要だったからだ。

あの頃から多かったんだなあとしみじみ。

誰がどんな状況における神になってるかわからない。
あるいは人類の総合的な希望が採択されて具現化されてるかも。

太古の昔に外宇宙からの精神侵略があり、仮想的空間に避難したというゼーガペインみたいなエピソードを物語るのが、ノアの箱舟だったりして。(箱舟=舞浜 サーバー)
仮想的空間だから神という管理者がいて、ある程度数値をいじれるとか。


アニメ話 061130』(アニメ)

おれ大尉。正義の使者?ガイヤーでもあるんだ。
なぜって、外野へ下ったからさー。


天上院明日香。
つまりは添乗員。ミニスカバスガイドさんをやらなくてはいけないんだ!サンダー大喜び!


http://animeanime.jp/biz/archives/2006/11/1128_2.html
東映アニメは堅調らしい。デジモンセイバーズも玩具売り堅調の模様。
でもSSの悪影響(玩具売り、劇場版縮小)は来年出るだろうな。分散化してるからさほどではないか。


おそらくコードギアス8.5総集編の理由は二つ。
http://geass.at.webry.info/200611/article_13.html
ひとつは公式の通り、急ぎ足詰め込みすぎの内容を整理おさらいしてもらうため。高速のビジョン見逃すな、ついてこれるなら。
もうひとつは噂通り、高密度な内容に制作進行が追いついていないため。

http://www.geocities.jp/eva4869eva4869/op.ed.html
エウレカはすごかった。すごかったんだー。EDは感動したよ。
26話で最初から全話脚本組んでおけばダレなかったかなあ…過剰に豪華すぎたな一年は。


リード100 異音解消』(MOTOGP)

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/a/archives/2006/11/post_184.html
その後、ピタリ止んだ異音。
どうやら一時的に、オイル系統に空気泡混入とか、低温時に始動後全開で希薄燃焼とか、なんかあったようだ。
一端エンジン止めて冷やしてから始動したらアッサリ治ったし。抵抗感や変な振動とかが全くない。焼きつきやベアリング磨耗ならありえない。
とはいえ、病後なので様子見。最高速付近でも開度は抑えて。

歩道の高みからジャンプ下降したら前輪のベアリングいかれたらしい。かすかにコリコリしてブレーキディスクががたがたする。
乱暴な扱いはやめようね。


運命共同体と適材適所』(くだけ話)

まずは自分がバカだと気付くことから。
…というのはセオリー。

どの辺がバカでどの辺が秀でてるのかいちいち突っ込む姿勢を忘れないのが応用のひとつか。


つくづくゴロツキ以下の大尉。
いくら文句や批判をしても、親兄弟に金を送ったり出来ない。よくある(らしい)アカ(被弾圧者)の清貧という奴かな。
ヤクザでも実家のやりくりを膨大な額で助けてるのを知ってる。人から巻き上げたとか、右と闇は儲かるとか、そういうのは置いといて。

ま、一概じゃないわ。


シゴキスパルタン。別にそれが無益とは思わない。
だがそれが世の中に氾濫してどこででもスタンダードになると話は違ってくる。
誰も何も迂闊に言えない。恐怖政治の渦中。あとは程度問題だけ。

いつどこでだれにどう(3WH)
適材適所も忘れない方がいいとは思う。のほほんおばちゃんやおねいさんの解きほぐすような語りに救われることも

だからフェミニズムとか新世代がニヤニヤと「古いのは裏手にお引き取りください」なんて言い始めればこれも一緒。
ファシズムや老害ばかりが悪とはならない。


謀略的には、「コードギアス」のオレンジネタってのはまさに私バッシングだ。
こっちがオレンジカッパ着てるのを知ってて、尾行にオレンジばっか着させて判別させたりしてた。
で、決別したらオレンジ叩き。あれ製作スタッフにやらせてんだよ。ロイドがいってた通り「警察とかの連携も…」てやつ。
右や公安とつるんだ2chで異様に盛り上げてるのもその証拠。

つまり右だの公安とつるんだ上で作られてるコードギアスってのは、左属性を釣り上げるためのツールって可能性もある。
世相批判ブログ(筆者はほぼ密偵)を閲覧したりコメントすると釣り上げられマークされ諜報戦を仕掛けられてしまうようにね。

かように現代の諜報戦は情報戦であり、理解できる人が少ないように仕組まれる。潰す時は自殺か病死誘導。
野外で尾行してくる連中も匿名に近い、素性不明なのばかり。
笑みと社交辞令のみ、決して非難などしてこないし、名乗らないが、こちらの事はやたら聞きたがる。連中のTEL番号は聞けずこちらだけ住所とTELを聞き 出されてるなんてことは良くある。


変えて時代にマッチングしないといけないことが山ほどある。
でも表沙汰になるのはどうでも良いことばかり。何だかんだとまだ余裕があるってことだね。
ただし、余裕があるうちにしなくちゃいけない、なくなってからじゃ無理、っていう懸案は多そうですよ。

こんなこというからまた亀有の地域公安系工作員に「貴様みたいな何も知らん素人にあれこれ言われたくねえんだよ」
とか「てめえなんか残飯でもあさってろ」とか、脅されちゃうんだね、テレパシーで。


私がここで淘汰されるなら、それまでだ。それまでの人間だ。

実際、たいした人間ではない。誰も価値を見出さない。どこから見てもスーパーマンじゃない。危機一髪も救えない。
現代社会でよくある、このような単調な”空しさスパイラル”にハマる程度の凡人に剛毛の生えた。

外へ出て働けば国家諜報の尾行がやってきて心筋硬直の念術を仕掛けてくる。
昇天して天上から観察してたほうが、体の苦痛がないだけマシかも知れぬ。生物は鞭打たれじっとしてるだけで生きられるほど強くはない。

ハルヒ声優過労
ライブドア、MIXI凋落
パターっと幕引きのNANAとか。

政治的でここに書けない方面のもある。この辺は運命共同的な共倒れ的シンクロニシティだな。パターン通りだからわかる。
この辺は王と共倒れになる「マイオトメ」そのまんまだ。この5年間あるいはそれ以上前から、私は何を支えてきたのだろう。

http://www.tbs.co.jp/news23/onair/taji/s061128.html
他事総論の質もガクンと下がってる。下がってるのは題材がそういうのしかなくなってきてるからだ。
昨年来、質の低下と言う点で社会の様々がシンクロしている。

その根源は我が世代か、それとももっと若い世代か。
少なくともこうなり始めた”昨年”といえば、排除鎮圧といった感じの追い込みをかけられるようになった年。上昇気流が急降下に転じたような体感。
そして最近のあらゆる風潮には親近感を感じない。他人の発想ばかり。排他される側。

妄想域で言うと、きっと鬱陶しい私みたいなのを躍起になって排斥したのだろうか。
それで良くなるはずがそうでもなくて逆効果もあって。

誰かのふとした発想だけがそこに残った。排斥された誰かの。当人はやっぱやめましょうとか違うことやりましょうとか思ってても後の祭り。外野だし。

世の中、魂(こころ)のネットワークでどこと”ワークグループ形成”しているかわかったもんじゃないね。
同時期に勢いを失った、引退を飾った、のは芸能人やスポーツ選手でもそれぞれ5人は挙げられる。みなどこか共通点のある人ばかり。
ナカタ、シンジョ、政治家でも前長野県知事とか、似たような個性派、一匹狼がパタパタと一線を去ってる。
人間によるシステム。コンピュータのでも同じだけど、うかつにいじれませんね。特に安直な切った貼ったはNGっぽい。
切る方、切られる方、嫌というほど内部的に味わった。

最近のテレパシーネットワークな”声”には「お引き取りください うるさい もう要らない」などという消極性が増えた。
真っ当な理由、独占的な理由など色々あるんだろうけど。


いま永田町では中国密偵が甲斐甲斐しく政治家に接触し女だの臓器だの営業かけてるという。
最近もハニートラップやられた議員がいたっけ。
その流れと自分の運不運変動が同じ系統によるものなのかは不明。


人のためになると思って手を染めると逆効果、正にドツボにハマることがある。

「やりたい放題だね」冗談じゃねえ。どれだけ苦しんできたか、独居房で隔離され社会に出られずに。
そんな事をいう奴は嘘と知りながらのカルト工作員、もしくは事情を知らぬ素人。

結局は実際に権力や地位を持ってる人間と、匿名で群れる組織が吸いあげてゆくだけ。
俺の手元にあるのは孤独孤立と面倒と非難の渦。それと犠牲者、主に家族。

/29

近況今も謀略だらけ、外も歩けず』(くだけ話)

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/kanose/20061128/karasawa
そら来たよ、シンクロが。
人がHTMLブログをトライし始めたらこれだ。嫌味なシンクロニシティは日常茶飯事。

つまりそれだけ、運命運用チームのやることはいい加減だって事。(どこに居るんだ、東京かワシントンかモスコーか?)
なんせ、いつどんな痛ましい事件事故を起こそう、なんてレベルの運用までしてるくらいだから。
タガなんかとっくに外れてるんだろうよ、「エネミーオブアメリカ」の若い工作 員達と同じ。過去5年間を観察してきたから言えることだ。


http://blog.goo.ne.jp/tsuguo-kodera/e/a7a457ad7b960412b88b485619a702ed
利口者が悪い事をすると、遠慮があり、手加減します。バカは良い悪いが分からず、 悪い事をするため、手加減がありません。実力不足の人間が大事な委員会委員長になるから、困ります。任命した政府高官や大臣の好きなように操られます。 ノーベル賞をもらった大学の先生は専門バカだからもらえたはず。それで結構なはず。専門バカが御神輿に乗るから困ります。
上の2つのニュース共に恐ろしいことは、棄権や反対を認めないこと。何をかいわん や。戦前戦中の隣組制度、全体責任まで後一歩。基本的人権が保証している民主主義の大原則、賛成、反対、棄権の3つの権利を否定する第一歩。

もはやはっきり言う。私は間違いなく、この流れに組み入れられ利用されたのだ。
裏社会からの命令系統が、やたら私”を”仕切りたがってた。
アニメ業界(放送、映像産業全体)がひどくこの影響を受けてる。
で、政治の場も。
つまり、国中がそのような人為的シンクロニシティの渦中ということ。

頂点に祭り上げようとしたが、基本的にまとめ役とかいった職人的ポジションの人だ。
そうしたシステム的に無理のない適材適所の配置(の検討をしようとする姿勢)を怠っている。それが現政権にも顕れているのでは。
あらゆる事を柔軟に見積もり取り組み見直し変えてゆくが理想。暴にせよ権にせよタブーが強いともうおじゃん。
あとはその柔軟性に、上下問わず世間の意識がついてゆけるかどうか。仮面ライダーカブトOPじゃないけど。


http://nj7lx99q.blog71.fc2.com/blog-entry-210.html
いやまじ牧師と英会話講師が多い。尾行でやってくるうち、白人は。
数年前の宇都宮ワシントンホテルではスーツ白人に「お待ちしてました」とばかりにギロリとやられたけどね。
スパイ天国かあ。なんとなく都心で普通に暮らしてて疑問はわいたし空気も察してはいたけど、やはりね。
そりゃ”念術や広域催眠で意識を操られ”てても気付かないよなあ平和ボケ日本人じゃ。命令どおりに気付いた奴を潰しにかかるだろうよ日本人同士で。


たったひとりの悪事、で演出し片付けようとするのは組織ことに国家規模の常套手段。
裏に無数のおこぼれ預かり集団が、非公開工作員が生き延びている、あるいは無傷で。

だから、知らされる方がそこへ到達しない限り、さっぱり何も解決も前進もしない。
まるで上流だけが今の生活を存続できる今の政治のようだ。


若手が調子に乗った。
古株は追われてやきもきした。
事変があって古株が若者を追い出し有頂天になった。あっちもこっちも統制取締規制説教。
10月からのケロロを見て「うわつまんね」という若者。
痛めつけられものをいうことすらできない若者。

疲れと嫌気ばかりが伸びている。あとは据え置きか下落。
勝ち組と、負け組だがさほどでもない奴らは甘い蜜でそれが分からない。
旧来の多数安定システムが今は悪用されすぎている。つまりこれは、本当に崩壊が始まらないと誰も気付かないということだ。
そろそろ今と違う、前向きな流れが始まるようでないと、本当に何かが終わってしまう。


組織諜報において、天邪鬼しか構成員になれない。
「詐欺師」と罵る奴は詐欺師か、その部下である。
人を追い込み殺す、そんな連中こそが「人殺し」などと罵るのだ。

彼らは
・文句しか言わない
・足を引っ張る
・罵り追い込み、当人の人間性や人格を荒ませ卑しくしてゆく
・デマや誇大宣伝により、悪評を広める

おおよそこんな感じ。
庶民レベルにとっては何の役にも立たないシステム、イヌとして小躍りする阿呆以外には。圧制、絶対王政、異端者狩りのみに有効。


アホはどこにでも居る。
老人、若者、
庶民、高位、
貧困、裕福、
男、女、

分布実態を把握することが必須。
どこの勢力から支持を取り付けるか、という現実的問題を実践するのが政党政治。

学べば学ぶほど、お年寄りを大切に、とばかり言えず逆に罵倒したりする。(これが、言葉の上辺だけを取ってバッシングへ結びつける奴らのえさにもなる。)
世相が退行すると福祉が戻ってくるなどというのは幻想だ。だが無知だとそれを喜び、批判者狩りに加担してしまう。


なんかさ。

新進気鋭、
冴えたプラン、

激減してないか?

むしろ失速したものばかり目立つような。
きょうだとMIXI下落報道がそうだ。エヴァンゲリオン周辺ビジネスの保守ッぷりといったらもう…

若者にとって面白いのが地味な娯楽とかそんなんばっかでよいのか、みたいな危機感が芽生えた。(いや各方面で生み出し続ける面々がいるのはわかってるけ ど)
命がヤバイ、という我が危機感には及ばないけどね。
私ごときがヤバくなるという滑稽なファッショの世相がヤバイ、という危機感とどっちが深刻かな。

自分の命が脅かされる理由が、滑稽であるほど人は落胆する。
どんなに骨身を削っても、頼られる、何かを守れる、ことで人は奮起する。

明日の心臓めがけた攻撃はトドメをさすだろうか、ささないな。
でも3ヵ月後に心労で還らぬ身となってるかも。そんな日々。

はたしてこれらはどんなシンクロニシティだろうか、という興味も無いではない。
自分が攻撃され衰弱し荒むことと、どこか後退し荒れている世界と。ちょっとマクロなので断言は出来ないな。
ポッキー買ったらポッキーが報道に上がった、くらいミクロならすぐわかるんだが。

数年前、頭にテレパシーで罵倒や文句や叱責が飛んでくるようになって、ひたすら苦しくなった。
気兼ねない。何を考えても行動しても、組織暴力による念攻撃で頭や心臓が痛くならない。そういう自由さから奔放なアイデアは伸び伸び出ていたように思う。
そもそも組織諜報は、被害者を社会から武力追放する。会社に根回し、お店に待ち伏せ。そうやって世間に溶け込めなくなった人間からアイデアを募るとは随分 ビジネスセンスのないことだね。
そもそも組織諜報は、被害者を痛めつけて健康を奪い病気にする。そうやって病んで視野の狭くなった人間からアイデアを募るとは随分ビジネスセンスのないこ とだね。

時代は有無言わさず悪くなってゆくのではない。
良くできる物をムザムザ潰れるように各国政府が軌道修正してるんだ。
たぶんメーソン辺りがシリウス人辺りと結託し、地球文明を全部破壊してから再生しようとかたくらんでいるのだ。
その意図に乗せられていることが各国首脳や国民にはわからないんだよ。
「な、なんだってーーー!!」


結局、どっちかを殺すだの潰すだのやってるうちはいまの政治手法は変わらないね。表が人形で、背後で暴力的な人形師が控えてる構図は。
もっと協力関係を築けるはず。


表舞台に立つとね』(アニメ)

知らず知らずのうちにバイファムやZとVガンダムやエヴァンゲリオンやリ ヴァイアスやらの制作に関わってた?頃の方が良かった。
バロンズゥの逸話に他人事でない物を感じたのは偶然じゃなかったと気づいたのは随分後のこと。

仕切れとかいう話、具体的な関係が臭ってくるようになってからは私的にメタメタだ。
命かける羽目、叩かれるだけ叩かれ。成果の部分は無視され。お偉方や裏社会の使い走り的な扱いが始まった。

ギャラクシーエンジェル3部が口火だった。あれ以降は駄目の時代だな。
つまり2002以前、以後、というボーダーがある。

繰り返すが好結果も多数あった。ひとつの宿題を投げれば二つ以上の異なる結果が返ってくる。DSとPSPのように。
全てをうまく行かせる魔法なんてありえない。「究極の計画経済」を連想してごらんよ。そんな売り文句に乗る方もどうかしている。
とんでもなく素晴らしい物を生み出すには、多大な浪費や犠牲を生む覚悟が必須ではないか。職人は多数を壊し続けて逸品を生む。

それでも、2004年まではその多くが楽しかったし伸びやかに見えた。真の弾圧と検閲は2005年以降。
身辺状況も一変した。追い込みは激しくなって、負荷心労が増え老けはじめたのは当時のテキストを見ればわかる。老練の逆襲的なものだったんだろうか。
現在もマフィア化してゆく傾向は止まない。アニメ特撮を見ても分かるとおり。霊的洗脳、魂の汚染、染まってゆく、自分自身になってゆく。

ネタ切れ。若手がいない、もたない、育たない。
貞本エヴァが仕切りなおしになってしまったのはそういう暗示だろう。ポストエヴァが出てこない。
流行が刹那的過ぎてしまう現代、デスノートもすぐに忘れ去られるだろう電車男のように。
車とバイクのテクノロジーひとつとっても、1990年代中盤からほとんど進化してない、特にバイク。車も電子制御のギミックが増えただけ。
デザインは奇抜を繰り返してアピールしやすいけれどね。

宮崎駿のように、育たないとなったら中堅以上がいつまでも君臨しなくてはいけないのか。
これは明らかに社会構築のミス。育たない社会を生み出した先進国全ての団塊世代の罪は重い。
さもなきゃ神が定めておいた人類、文明の到達点か。近代工業とはこのような限界を迎えるものなのか。



ゼーガペインって、一枚絵、外見だけ見ても地味にしか映らない。CDのジャケットとか見てても。
中身を見てやっと良さが分かるスルメアニメ。最低でも動画を見ないとダメ、ゼッタイ。まるで外見で嫌われる宮崎アニメ。

キョウちゃんは最初、現実世界ではやんちゃだった。
でも量子世界での初期バージョンでは、ジジ臭いくらいの大人びていた。
つまりセレブラントになって長年暮らす中で、800歳の美少女ウルリーケみたいになっていったと。

キョウちゃん、オメー年いくつだァァァッッ!????


http://www.youtube.com/watch?v=MiD0rWm0sdY&eurl=
のび太さんのエッチー

http://d.hatena.ne.jp/hajic/20061126/p5
「それじゃハルヒでも倒れるワイ!」(グラVドラマ風)

GAるーん。
空しい内容。得意分野を外れ、(恐らく暴か公安からの)押し付けに潰れている印象。
今の所、1話と8話以外は地雷だ。
砂々美のほうがずっと楽しい。並の安定感。第2期も始まってるようだし。

遊戯王GX。
このままだと大尉、数ヵ月後にアモン式死亡コースですよ。
しかしコナミよ、破壊力バツグンの「恋する乙女デッキ」を出さずにとっておくなんて、まるで食事の最後まで取っておく蒲鉾じゃないか!あたまいい!
小6女子レイちゃん万歳!でも中2女子ツンツン胸スベスベお肌のアスカさんも万歳!しわもたるみもない最後の時代ですねアスkぐぎゃあやめてカード投げな いで


世の中ウォッチ 061129』(くだけ話)

責任問題が、命のやり取り、人生を奪う、にすぐ結びつくシステム、
伸びないよなこれじゃ。いくらバッシングビジネスに貢献しても、世相は荒れて停滞してゆく。

生物は陽が基本のシステムであるから、陰が伸びて支配しても矛盾に突き当たる。両者程々が良い。バランス傾向。
陰に染まりし者は悪魔の魂に染められている。文字通り、陰が伸びすぎれば世の中は悪魔と餓鬼の空気で充満する。


>平沼赳夫氏を除く11人が自民党に復党するのは初めから決まっていたこ と。この1週間、中川秀直幹事長と平沼氏が“条件闘争”を演じてみせたのも自民党お得意のヤラセみたいなもの。(ゲンダイ)
>その平沼さんに私は「自民党に戻るのは年明けですか」と訪ねると、「どう かな」とはっきりした返事はなかったが、いずれ自民党に戻る事は間違いない様だ。結論が見えているのに筋を通すというのも、公(おおやけ)よりも自分の為 にという感じが(ムネオ日記)

気になる流れ。亀井さん城内さんは激励したけど、筋違いなのかどうなのか。お付き合いというものもあるだろうし。


>消費者金融大手のプロミス(東京都)が借り手全員に掛けていた生命保険の データを金融庁に虚偽報告していた問題で、同庁は28日、再調査の結果を公表した。借り手の死因判明分に占める同社の自殺率は当初の報告の2倍以上の 26.9%に上った。これに伴い、大手5社の平均も25.5%に増え、自殺者が4人に1人に達している実態が初めて明らかになった。

返済不可即、自殺させられてたと思って良いらしい。これを法で歯止めかけて解決するのかな。
問題は取締りで失速したサラ金が市場を失い、ヤミ金に流れる本質的危機。
速やかなサラ金正常化と遅からぬ再構築巻き返しを。でも今までより弱い立場の業界にはなってしまうんだろうか。
なんせ金、ともすれば借りる方が悪質、貸す側がたかられる、なんて逆転しかねないし。”食い物にされる生活保護制度”という現状もある。

カネカネあえがなくても良い世相作りが出来ればねえ。結局は日本て年貢やら種籾貸しやらで縛ってきた国で、世界中が同様なんだけど。


ポンテ結城のA1デモ機のMSX2版ドラキュラが懐かしく』(製品)

MSXエミュ動かしてみた。
…こんなださかったっけ?
ゲームは確かに、ファミコンより見劣りしてたけどね雑誌の画像とか見ても。

/28

HTMLでブログもどきなんて、あーた大尉さんてば。』(くだけ話)

”HTMLWeblogのお世話をするムプー”カテゴリは省略。

まったく、ローテクになったものだ。隠居?代用?
なんせ、狙われる身。家族は殺され実家はなくなり、残る身内には睨まれ無視され邪険にされ。外を歩けば組織暴力系にカルト宗教系に公安系に、群がる組織工 作。
国家諜報はついにaaacafeのDBをぶっ壊しにかかった。日ましに壊れてついにエラーが…

DBはCGIよりもメンテナンスが難しい。中身が見づらい、見てもわけわかんない。そしてアクセスが容易だからWEBに置かれると怖い。
なるべく、CGIのみ、もしくはHTMLのみ、シンプルでメンテナンスフリーなのが良い。狙われる身ならば。
毎日が心労と衰弱の連続でも、維持できる程度の手間でなくてはいけない。Movabletypeは最悪だった。

本当はインデックスに最新記事を載せたい。個別記事も生成したい。でも手間がかかる。オートメーションとシンプルのシーソーゲーム。個人ごとのバランシン グ。



さあてー来年の日本さんは??フンガットット!』(くだけ話)

某所より。
経済界が「4兆円の企業大減税」を主張している。財界だけがいい思い、
どころじゃない。この減税、参院選後に「消費税率2%アップ」に変身しそうだ。
「30%をめどにして考えるべきだ」
 11月13日午後、千代田区の経団連会館。日本経団連の御手洗冨士夫会長(キヤ ノン会長)が記者会見でこう明言すると、記者の間に驚きが走った。
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20061127-01-0101.html

政・官・財・業・ヤクザ・宗教、いやヤクザは元からだが、皆モラルを喪失し、国民 を食い物にして、肥え太り、生き残ろうとしている。
なぜかというと、もうこの国が立ち行かなくなることをよく知ってるから。
比較的静かな一年がほどなく終わる。

悔しい。やり方によってはモラルも復活させ、斜陽の平穏も演出できるのに。それを主張すればするほど公安やカルトの工作員が群がって潰しに来る。
世界中に強制力が発信されていて抗えないし、抗わずに横並びしようとする日本。


きょうのシンクロニシティ 061128』(シンクロニシティ)

27日20:58のシンクロ。
競馬場、と書いたら
NHK手話ニュースで競馬場閉鎖のニュースが。


国家諜報による嫌がらせ追い込みが 激化してんてこ舞の中、周囲も連動してくる。

http://diary3.cgiboy.com/1/higacyan/index.cgi?y=2006&m=11#25
やりたい放題でも長生きな人っているんですね。合掌。

http://blog.livedoor.jp/sigotoba/archives/50804745.html
振り回される猫
可哀想ながらも笑ってしまいました。


被害妄想というなかれ、必ずといっていいほど世相は連動してくる。
発言者が事情を知り悪意で言ってるか、知らずに操られそういう話題になったか、
これはこっちにはどうでもよいこと。

/27

『光と闇』(くだけ話)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94
>エクソシスト

カトリック教会における悪魔憑きは外から語りかけることによって始まり、体内に入 り、体をのっとる「憑依」によって完成する。

    * 外から語りかける段階・・・電気製品から、「私を助けて」という子供の声などで話しかける。
    * 憑依する段階・・・呼吸音・骨のきしむ音・腸をごろごろ鳴らせる音で語りかけてくる。
    * 憑依後・・・本人の意思とは関係なく、口から完璧な言葉を話し、人に望む行動をとらせるよう働く。

電気製品、放射電磁波、などに古くから着目しているのが、さすがカソリック。
電化、通信整備とともに人間は操られやすくなり、変貌していった可能性もある。

私は
・憑依やその手前で、追い出す
・語りかけを払う、相手にする

という体験は毎日のようにしている。
政府、皇道、マクロカルト宗教、などの工作員(どれがどのくらい多いのかは分からない、外見に余り差異がないので)は、
この概念を知りつつ器用に使ってくる。呼吸法で念が発生し、相手に放つことで神経ダメージや憑依的操りが可能になることなどを。
この手の支配者のそのありようは、古代より語られてきた悪魔に良く似ている。

おそらく、「現代文明」特に電化や電気通信を完全に捨てることで、”ハッと目覚める人”が続出するかもしれないね。
ど田舎でしばらく過ごすと、おれ今まで何やってたんだ、あんなもんなんでありがたがってたんだ、と感じるようになる。
数ヶ月野営でもすればいい。見違えて自分が変わり、体が勝手に逞しくなる。別に運動などしなくても。

おそらく、人間とは本来パソコンに似ているのだ。
大地、大空、大自然の気配と同期を取り合っている。
朝起きられない、夜寝られない、人が、19時から真っ暗の中で過ごすだけでウトウトする。
寝る前にカーテンを開けておくだけで、早朝に目覚める。そのまま外へ出て日光を浴び背伸びをするともう完璧。
野営で六感が鋭敏になる。雨が降りそう、晴れそう、あっちやばそう、ここは居心地良い、など。
まるでジャマイカンみたいに、ビヨンビヨンと柔軟にあれこれ連携してこなすようになる。野性味。

都市というのは極論、愚の集大成。
人間の知恵など所詮は大自然と同等の矛盾なき有様には出来ないし、その知恵で作った都市は人を健康にはしない。というか、そうしようともしない。
さらに都市の雇用は人を病気にするために酷使する。風邪は薬で誤魔化さなきゃいけないし、手術するまで我慢して働かなきゃいけない。
それでも楽しい、感謝したくなる、のも事実で、それが集団催眠的な洗脳のせいであっても悪口ばかりは言えない。
文明がなきゃ、苦労するのは確かだ。国すら維持できない。

本能的人生を原理というならば、それを何らかの形で緩しコミュニティとして伸ばしても良い時代ではないか。
そこから学ぶべきことが余りに増えすぎた。明らかに文明側は疲弊と停滞と迷走を迎えた。
1990年代までの右肩上がり任せは世界的にも終わった。
日本はどうだろう、ああした方が良い、いやこうした方が良いとやり始めてるではないか。


http://blogs.yahoo.co.jp/nikosuzz
ここは中々、迷信交じりに良い真理も唱えてる。

ただ、フォトンベルトが欝、ネガの存在すら許さないというのはどうかと思う。ある種けしからん流れだ。
闇を経験し抗体があってこそ光のありがたみがわかる。陰陽共にあってこそのバランス。

そういう空気、気持ちを表現したのが「<a href="http://www.tv-tokyo.co.jp/yuugiou/">遊戯王 デュエルモンスターズGX</a>」 だった。
強すぎる光が宇宙を焼き尽くそうとしている。主人公の遊城十代は「正しき闇の継承者」だというのだ。間違った闇が多い、だが十代はそれを正しく使える、 と。

実際、光だけが存在できるという文句はカルトと支配者が大喜びする。

 新しい洗脳に染まらない奴は古い人間だ、
 古い人間は生かしておくな、社会から締め出して自滅させてしまえ、

という流れが盛んになっている。例外者追い込み、ネオコン傾向、選民意識、魔女狩り…
しかも、新しき洗脳を済ませた人々の明るさとは、何も考えない、従順、文句言わない、カラッポな操り人形の機能実装ばかり。
http://blogs.yahoo.co.jp/nikosuzz/24403946.html

そうした排斥の被害者を、組織悪は悪者にすべく躍起になる。これは「組織ストーカー」活動のディープな工作員が、ニヤニヤと宣言してきたほどだ。
お前を黒く染めてやる、人から睨まれる様に、尊敬されないように、と。

 ・被害者を洗脳して卑しくする、
 ・悪魔的霊的な気配を憑依させ、体調不調や荒んだ精神状態を持続させる。

こんなことばかりやられてきた。
アナキンの葛藤、指輪物語の葛藤、新ジャングル大帝(TV東京の新作アニメ)でのレオの葛藤、
絶えずこの手の被害者はブッダであり、キリストなのだろう。



いまの日本は硫黄島?』(くだけ話)

タバコ吸って注意され家に電話された生徒が先生を殴る蹴るして逮捕。
一見、悪い生徒だ。でも理由は…

・先生は、自分だけが吸ったのに周囲の生徒の家にも電話した

男気を感じてしまったよ。こういう奴は優遇されないといけない。

ひとつの問題はやはり、先生への一極負荷集中だね。
生徒に、親に、上に、恨まれたり突付かれる…寺子屋とか、長屋むら社会が皆無。


先生が悪い子を注意したら、親が睨みつけてきて、
その後周囲に悪評をばら撒かれ、校長に配置転換を再三要求、

私はこんな親のほうが一極集中して欲しいんだが。フェミニズムに庇護されすぎ。

 ◇

http://ja.wikipedia.org/wiki/1984%E5%B9%B4_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)
参考に。

硫黄島からの手紙」なんて 映画をやってる辺り、今の日本らしいというか。
見えない悪魔に防戦一方でよくやったもんだ。

/26

『スーパーウリアッ上』(アニメ系)

それはロマン。ぐるぐる、ぐーるぐる。


『十万石まんじゅう』(くだけ話)

さいたま銘菓

/25


/24


/23


/22


/21


/20


/19


/18


/17


/16


/15


/14


/13



/12


/11


/10


/9


/8


/7


/6


/5


/4


/3


/2


/1



【/最上/】


inserted by FC2 system